リースに関するよくあるご質問

ご契約にあたって

リース契約とは何ですか?

リース契約とは、お客様のご希望のクルマを一定期間(リース期間)にわたりお貸し(リース)する契約です。リース自動車の車検証上の所有者はトヨタレンタリース大阪となりますが、使用者はお客様の名義となりますので、購入時と同じようにクルマをご利用いただけます。

リースの種類はどういったものがあるのですか?

カーリースは、大きく「ファイナンスリース」と「メンテナンスリース」の2つに大別されます。

「ファイナンスリース」:
リース契約条件にリース期間中の整備または修理などのメンテナンスが含まれていない契約となります。
リース契約条件に含まれるものは、車両価格、付属品、およびリース期間中に発生する税金・保険となります。
「メンテナンスリース」:
ファイナンスリースにリース期間中の点検整備・一般修理・車検整備・代車提供などのメンテナンスが含まれている契約となります。

オープンエンド/クローズドエンドとは何ですか?

設定残存価格の精算の有無により「オープンエンド方式」と「クローズドエンド方式」に分かれます。

※設定残存価格とは、リース契約満了時に返還されるリース自動車の中古車相場の価値を予想し、設定した自動車の価格をいいます。但し、満了時の中古車相場の価値を保証するものではありません。
「オープンエンド方式」 :
オープンエンド方式とは、リース契約満了時、リース自動車について設定残存価格と実際の評価額(査定額)の差額を精算する方式です。評価額(査定額)が残存価格よりも高かった場合、差額をご返金いたします。反対に評価額(査定額)が残存価格よりも低かった場合、差額をいただきます。
「クローズドエンド方式」:
クローズドエンド方式とは、リース契約満了時、リース自動車について設定残存価格と実際の評価額(査定額)の差額を精算しない方式です。但し、リース自動車の自然な消耗や減耗以外を除き、引渡し時の原状に回復してからご返却いただきます。返還されたリース自動車が、事故による損傷などで原状と異なる場合はその損害額を請求させていただきます。

リース料は、どういったもので構成されていますか?

リース料は次の項目で構成されています。

  1. 車両価格(付属品含む)
  2. リース期間中に発生する税金・保険料などの諸費用
  3. メンテナンス費用(メンテナンスリース時のみ)
  4. 金利
  5. 設定残存価格

契約期間は決まっていますか?

契約期間は、一般的に3年~5年が主流となっています。お客様のご希望や使用状況などにより適切な期間をご相談下さい。

レンタカーとどう違いますか?

レンタカーの車検証上の所有者および使用者はレンタカー会社となりますが、リース自動車の車検証上の所有者はリース会社、使用者はお客様となります。また、車庫証明についても、レンタカーはレンタカー会社が用意しますが、リース自動車はお客様にてご用意いただくこととなります。
ナンバープレートについては、レンタカーは「わ」ナンバーとなりますが、リース自動車の場合は、購入した場合と同じです。

購入とはどう違いますか?

自動車を購入して所有する場合、購入資金・諸税・保険料など一時に多額の費用が必要となります。また、購入後も、クルマの維持管理・安全運行管理・事故処理など多くの煩雑な管理業務が伴います。カーリースは、このような車両購入資金や煩雑な管理業務をリース会社が引き受けることにより、合理化の効果を挙げやすいようにするシステムです。

リースの場合
自動車の所有者 リース会社
車両代金 リース料として支出
諸税・保険料 リース料に含まれる
経理処理 リース料は経費として損金計上処理※(固定資産は増加せず)
※経費処理できないケースもあります
車両維持管理 メンテナンスリース契約の場合、リース会社が実施
代替・廃車処分 リース会社に車両を返却することで終了

購入の場合
自動車の所有者 お客様
車両代金 購入代金として支出
諸税・保険料 〔発生時〕一時的出費
経理処理 車両運搬具として資産計上し、償却する。(固定資産増となる)
車両維持管理 すべてお客様で実施
代替・廃車処分 売却交渉・処分手続き・固定資産抹消・売却損益計上
自動車の購入先は指定できますか?

原則、当社指定の販売店のみとなります。

リース申込み時に審査はありますか?

当社および当社提携の信販会社などにより審査をさせていただきます。審査の結果によってはお客様のご希望に沿えない場合がございますので、予めご了承ください。

今所有している自動車をリースすることはできますか?

現在使われている自動車をそのまま継続してご利用されたい場合は、「リースバック」をお勧めします。「リースバック」の場合、所有車を当社が帳簿価格で買い取り、リース自動車に切り替えますので、そのままご使用いただけます。

リース自動車に社名塗装やオプション部品は付けられますか?

契約時点にご希望があれば、社名塗装やオプション、特別架装などはご自由にお選びいただけます。契約後に取り付けることは原則としてできませんが、内容によっては可能な場合もありますので、事前に担当営業スタッフにご相談下さい。

自動車保険はどこで加入しても同じですか?

当社でご加入されることをお勧めします。当社を保険の窓口としていただくことで、より迅速に事故処理が可能となります。さらに、メンテナンスリースの場合、クルマに関する窓口を一本化することができ、リースのメリットを最大限に活かせます。

ご契約期間中について

メンテナンスリースにはどういったものが含まれていますか?

当社のメンテナンスリースには、次の項目が含まれています。

  • 法定点検整備
  • 車検整備(リース期間中に車検整備が発生する契約の場合のみ)
  • スケジュール点検
  • 臨時整備
  • 油脂類交換(エンジンオイル・ブレーキオイル・ギヤオイル)
  • オイルエレメント交換
  • バッテリー交換
  • ワイパーゴム交換
  • ランプ交換(ヘッドライト・ウィンカー・テールランプなど)
  • タイヤ交換(リース契約にタイヤ交換を含む場合のみ)
  • 通常使用による一般消耗部品の交換
  • バッテリー液の補充
  • ウォッシャー液の補充
  • 代車提供(リース契約に代車提供を含む場合のみ。事故時を除きます)

出先での故障(土日祝含む)が起こった場合、どうすればいいですか?

当社営業時間内(平日9:00~18:00)であれば、当社サービス部までご連絡下さい。お近くのトヨタテクノショップ・当社提携工場をご案内いたします。
当社営業時間外(平日18:00~翌9:00、土日祝日)は、サポートダイヤル24にお電話ください。専用オペレーターが初期対応のご説明、ロードサービスなどへの取次ぎなどを行います。

事故が発生した場合はどうすればいいですか?

ケガをされている方がおられる場合、まずその方の救護にあたってください。その上で、周辺地域の警察に連絡し、相手のあるなしに関わらず、事故証明の発行手続きを受けてください。その後トヨタレンタリース大阪にご連絡ください。お客様からのご連絡に基づき、事故処理対応させていただきます。
※お客様にて保険に加入の場合は、その保険会社あるいは保険代理店へご連絡ください。

リース契約期間中に解約はできますか?

リース契約は、原則としてリース期間途中の解約はできません。但し、全損事故や車両盗難等により当社が解約を認めた場合は、規定損害金(中途解約金)を一括にてお支払いいただくことにより契約を解除することができます。
規定損害金(中途解約金) = 未払いリース料 + 残リース料 + 設定残存価格 ‐ リース料に含まれる費用のうち未発生の費用 ‐ リース自動車の評価額

クルマの使用地が変わったらどうしたらいいですか?

至急、当社担当スタッフまでご連絡ください。車庫証明の取得や車検証上の使用地の変更など手続きを行います。手続きに関して発生する費用は、お客様ご負担となります。

ご契約満了時について

リース期間が終了するとどうなりますか?

お客様が引き続き同じクルマをご利用される場合は、1~2年の再リース契約を締結していただきます。また、新しいクルマに乗り換える場合は、新たに新車リースをご契約いただきます。
新車へのお乗り換えやクルマをご利用されない場合は、リース期間終了後、ご返却いただきます。
なお、リース方式がオープンエンド方式の場合、ご返却いただいたリース自動車について設定残存価格と実際の評価額(査定額)の差額を精算させていただきます。評価額(査定額)が残存価格よりも高かった場合、差額をご返金いたしますが、反対に評価額(査定額)が残存価格よりも低かった場合、差額をいただきます。

リース期間が終了したとき、クルマを買い取りできますか?

原則、買い取りはできません。但し、プライベートリースでリース方式がオープンエンド方式の場合、設定残存価格をお支払いいただくことでリース自動車を買い取ることができます。この場合、車両代(設定残存価格)の他に、名義変更にともなう費用や自動車税相当額、自動車リサイクル料金相当額等が必要となります(車両代にかかる消費税額および自動車税相当額にかかる消費税額も必要となります)。

戻る

レンタカーのご予約は

トヨタレンタカーWebサイト

お電話でのご予約は

0800-7000-111
受付時間8:00〜20:00(年中無休)

ウェルキャブ専用
0800-7000-294