カーリースのメリット

カーリースは月々一定のお支払いでクルマをお使いいただけるシステムです!

ここ数年、自動車販売台数は低調に推移している中において、カーリース市場は現在も拡大基調を維持しており、リース保有台数も3~5%程度の伸張率で拡大しています。リース保有台数も社団法人日本自動車リース協会連合会の資料によると、平成21年3月末現在で3,045,591台と数多くの企業様がリース自動車を導入しています。

それは、経営の効率化を目指す企業にとって、クルマを所有するという“商品価値”からコストやムダを省く“利用価値”へと価値基準がシフトしていること、また管理業務のアウトソーシングニーズが高まっていることが大きく影響していると思われます。まさにカーリースは、“所有の負担”を“使用の満足”に変える経営効率化の理想のカタチと言えるでしょう!

現在、自動車の総保有台数に占めるリース自動車の占有率も4%とまだまだ開拓余地は残されており、今後もカーリース市場は拡大されていくものと予想されます。

月々一定

多額な一時払いの負担がなくなります。

カーリースなら、月々一定のお支払いだけ。
資金を有効にご活用いただけます。

コスト把握

経営計画や予算が立てやすくなります。

メンテナンスリースなら、「リース料+燃料代+駐車場代」だけですから、車両コストが簡単に把握できます。したがって事業プランや予算が立てやすくなり、ひいては社内の原価意識の向上にもつながります。

必要経費

リース料は経費扱い

リース料は法人税法上原則として「必要経費」扱いとなります。車両代・税金・保険料・メンテナンスなど一切の費用すべてが月々一定のリース料として必要経費処理できます。

※経費処理できないケースもございます。

手続き代行

車両を保有する場合に必要な
税・保険の支払いは不要。

カーリースなら、車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いをトヨタレンタリース大阪が代行します。特に多くのクルマを保有する場合ほど、そのメリットは大きくなります。
主な代行項目:自動車税の納付、保険加入の手続き、保険料の支払い

業務削減

わずらわしい車両関係の
経理業務を大幅に削減。

税・保険の支払いなどの管理業務や、業務処理もトヨタレンタリース大阪がサポートします。

車検・整備代行

トヨタならではの安心と信頼。
きめ細かな車両管理。

全国4,800ヶ所のサービス店舗(トヨタテクノショップ等)がバックアップします。
メンテナンスの手配に時間を費やす必要がありません。

カーリースのしくみ

カーリースのしくみ

リース契約には車両代、諸税、保険料を含めた『ファイナンスリース』と、車両保守管理までを含めた『メンテナンスリース』の2種類があります。いずれのリース方式の場合であっても、全ての費用から残存価格を差し引いた『リース料総額』を『リ-ス回数』で割ったものが、月額リース料となります。

トヨタグループ

トヨタのカーリースはトヨタ自動車のリース事業戦略に基づき、全国のトヨタ販売店をはじめトヨタグループの総合力によりシステム構築されています。私たちトヨタレンタリースは、 「お客さまがいつでも安心して安全にクルマを使用するために」、グループパワー・メリットを最大限に活用し、お客さまの満足と信頼を目指します。

トヨタグループの強み

トヨタのネットワークを活かして、総合的に貴社の自動車リース導入に関する業務をバックアップいたします。

トヨタグループ

コスト 車両維持コストの削減

車両仕入れ

  • 全国トヨタグループのネットワークを活かして現地販売店より有利な仕入れ

車両売却

  • リースアップ車は全国の中古車販売網を利用し、有利に処分

メンテナンス 万全のバックアップ体制

トヨタグループならではの安心をお届け

  • メンテナンスカード
  • 全国トヨタテクノショップ
  • 全国トヨタレンタカー
  • トヨタ部品供給システム
  • トヨタサポートダイヤル24

車両管理 車両管理業務の削減

各種帳票類、データ活用

  • 整備実施データの提供
  • Web車両管理システムの提供
戻る

レンタカーのご予約は

トヨタレンタ楽ティブ

お電話でのご予約は

0800-7000-111
受付時間8:00〜20:00(年中無休)

ウェルキャブ専用
0800-7000-294