個人のお客様

個人のお客様

カーリースは企業や自営業など法人だけのものではありません。クルマを個人で購入する場合の多額な出費や、年間にかかる費用を考えれば、 むしろカーリースシステムは個人のほうがメリットのあるシステムといえます。「特定の時期に出費がかさまない」「予算に対してひとクラス上の車が選べる」など プライベートリースならではの魅力がいっぱいです!

余裕のお支払いでひとクラス上のクルマが選べます

残存価格を高く設定できる人気車のほうがおトク

プライベートリースとオートローンの大きな違いのひとつは残存価格(残価)を設定していることです。

お支払い総金額

例えば左図のように150万円のクルマに諸費用と税金が40万円+金利がかかると仮定した場合、ローンでは車両代と諸費用+金利の 全額をローン期間内にてお支払しないといけませんが、プライベートリースでは、リース満了後の残価50万円をあらかじめ車両価格から差し引いて (リース終了後に後払いする)計算していますので、お支払いもローンに比べると少なくなります。 このようにリース支払いはローンに比べると毎月のお支払いを大幅に軽減できるメリットがあります。

プライベートリースのひとつの特徴である残存価格の設定。 これはリース契約が終わった時点でのそのクルマの中古市場における価値(残存価格)をあらかじめ設定。 その金額を差し引いた車両本体価格をベースにリース料金を決めるシステムです。そういうわけで、お支払いはラクラク。 予算に対して「ひとクラス上のクルマ」を選んでいただけます。

特定の時期に出費がかさまない余裕あるマネープラン

自動車税などで特定時期に出費がかさむことがありません。

お支払いは毎月、定額のリース料金だけでOK。取得税や、重量税、自賠責などおクルマの取得時に必要な諸経費はもちろん、 毎年必要な自動車税もすべてリース料金に含まれています。 ですから、頭金などまとまった資金なしでカーライフがスタート。 特定の時期に出費がかさむことがないのもリースならではの魅力です。 さらに、任意保険や車検費用をリース料金にセットするプランもお選びいただけます。

自由選択プランなので、お好みしだいのスタイルで

トヨタの全車種から選べるので、価値あるセレクトです。

購入するのとなんら変わらない自由な気分でクルマに乗っていただけるプライベートリース。 契約は年単位でご自由にセレクト。一般的な2年、3年契約のほかに4年、5年の長期契約まで4タイプからお選びください。 ご予算にあった車種をまずチョイスして、再契約時にワンランク上を狙うなど、お好みにあわせたプランをお選びいただけます。

ご契約終了後は、下記よりお好きな方法をお選びいただけます

再リース

ご契約満了時の残存価格をベースに再契約を結び
継続ご利用いただく。

買取り

残価相当額で買取ることができます。ただし
名義変更にともなう諸費用や税金は別途必要です。

新車へ切替

ご契約満了車両は精算。査定額が残存価格よりも
高かった場合は差額を次のリース契約に活用することも可能です。

車両返却

ご契約満了車両の査定額と残存価格を精算いただき
契約終了。

ご契約のお手続きをまとめました

プライベートリースのお問い合わせからご契約・契約満了までのお手続きをまとめました。